Chiba-SR Associtation

私たちは、ベストアドバイスを提供いたします。

会長あいさつ

会長写真

 この度は千葉県社会保険労務士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 千葉県社会保険労務士会会長の森 義隆でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 今、経営者や労働者を取り巻く環境と時代は大きく変化してきております。マイナンバー制度の導入や個人情報保護法の改正にみられる新しいスタイルの情報管理(セキュリティ対策)、WLB(仕事と生活の調和)とタイムマネジメント(仕事の進め方の管理)、CSR(企業に求められる社会的責任)と職場で働く労働者の健康管理、それに伴う安全衛生法や労働基準法の改正・・・。そのいずれにも我々社会保険労務士がその道の専門家(国家資格の有資格者)として関与することを期待されております。つまり、社会保険労務士は企業経営の根幹とも言うべき「人」に関する労働・社会保険諸手続きに関する業務はもとより、「人事・労務」コンサルティング業務に精通した、これからの時代の要請に応えることができる唯一の専門家集団と言えます。専門的な職能はもとより、プロフェッションとして高い見識と職業倫理を兼ね備え、国民の皆さまの負託に応えられるよう社会保険労務士は日々研鑽に努めております。

 また、千葉県社会保険労務士会では、時代のニーズに迅速かつ的確に対応するべく様々な事業に取り組んでおります。最近増加する個別労働紛争については民間型ADR機関(社労士会労働紛争解決センター千葉)において無料(平成30年5月まで)であっせんによる方式での解決のお手伝いをしております。千葉・船橋・市川・柏に設置した「街角年金相談センター」等においては対面相談方式による無料の年金相談を実施しております。最近では県内の地方自治体に対し労働条件審査の導入提案を行い多くの実績をあげ、提案先の自治体は県内全域に拡がり今後ますますの事業拡大が期待されます。医療機関関係では勤務環境改善の一助として医療労務管理支援「相談コーナー」事業(労働局委託)を、学校教育においては大学や高校を中心に出前講義を行い、学校教育現場での社会保障教育を実施しています。最近では社員教育についても高い評価を得ており、労務管理分野はもちろんのことコンプライアンスや階層別研修等で各自治体や民間企業からお問い合わせを頂いております。平成27年度には、一般社団法人社労士成年後見センター千葉を設立いたしました。最近では建設業の社会保険未加入問題にも行政と連携し積極的な取り組みを行っております。

 これからも人事労務と社会保障制度の専門家として国民の皆さまのご期待に応えられるよう専門性の向上に努めてまいりますとともに、当ホームページや様々な媒体を通じた情報発信を行ってまいります。「人事労務」「社会保障(年金)」の専門家として、時代が求めるプロフェッションとしての社会保険労務士にご期待を賜り、より一層ご活用いただきますようお願い申し上げご挨拶とさせていただきます。

会長サイン