Chiba-SR Associtation

私たちは、ベストアドバイスを提供いたします。

公的年金の相談

公的年金の相談

現在の年金制度は新旧の制度が並行しており大変わかりにくくなっています。社会保険労務士は、年金の加入期間、受給資格等についてわかりやすく説明するとともに、年金の裁定請求に関する書類を依頼人の皆様に代わって作成、提出いたします。(以下に一例を紹介致します。)

公的年金に関する相談・指導

  • 60歳定年で退職しますが、年金と雇用保険はもらえるの
  • 年金を受けてますが、就職したら年金は減額なのですか
  • 夫は勤め人ですが、病気で急死しました。年金はどうなるのですか
  • 厚生年金基金が破綻したら、何か手続きが必要ですか
  • 専業主婦でも自分の年金がもらえるのですか
  • 年金の見込み額を知りたいけど、どうやって計算すればよいですか
  • 年金はいつからもらえますか。手続きはいらないですか
  • 共済年金をもらっているけど、民間会社に再就職するとどうなりますか
  • もらい忘れの年金があるときはどうしたらよいですか
  • 扶養親族申告書の書き方がわからない
  • 年金がもらえる歳になっても、もらわないでいれば、割増になるのですか
  • カラ期間ってなんですか
  • 仕事に就きながら障害年金はもらえますか
  • 10年前の事故の際の障害で、年金はもらえますか
  • 障害年金を受けている人は、年金保険料は払わなくてよいのですか
  • 内縁の妻でも遺族年金はもらえますか
  • 遺族年金をもらいながら、子供の扶養に入れますか
  • 遺族年金を受けていますが、自分の老齢年金ももらえますか

 お近くの社会保険労務士にご相談ください